top of page
  • 執筆者の写真光太 橋詰

本気のジェノバソース作りませんか?

こんばんわ。ブルーミングエッジのkotaです。 もうそろそろ梅雨明け間近のようです。 土曜日から最高気温32℃の予報ですが 体はついていけなさそうw この梅雨で確かにレンズマメ始め、 病気かかることも無く何とか抜けれそうです。 どうしてもアブラナ科(キャベツやカリフラワー、コールラビ)は 青虫の餌食に^^; あまりにも酷かったので除虫菊のエキスを散布しました。 でも、それだけでとりあえずは大丈夫みたいです。

先日食用ホウズキと一緒にバジルも植えました。 今年も時間が無く約40本ほどしか作れませんでしたが ソースを作るには十分な量ができると思います。 そこで 本気のジェノバソースを作ってみませんか? というわけです。 バジルというのはとても温度を嫌います。 収穫してから少しでも温度が上がると すぐ風味が落ちてきます。 料理人はなるべく温度を上げないように ミキサーを氷水で冷やしながらジェノバソースを作るらしいです。 じゃぁ畑からキンキンに冷えたクーラーボックスで バジルをお届けしたどうなのか?? これこそ地産池消の成せるワザであり、真骨頂なのかなと思います。 本気のジェノバソースを作りたい方ご連絡お待ちしております。 それではお疲れ様でした。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


記事: Blog2_Post
bottom of page